1969年、NYブロンクス。

慢性神経病の専門病院にセイヤー医師が赴任してきた。当初、患者たちへの接し方に苦労したセイヤーだったが、さまざまな訓練療法を施した結果、次第に効果が現れ始めていた。

最も重症の患者は、30年前に入院して以来、半昏睡状態で寝たきりの生活をおくるレナード・ロウだった。セイヤーはまだ公式に認められていない新薬を使い、レナードの機能回復を試みるが―。

出演:ロバート・デ・ニーロ ロビン・ウィリアムズ