戦国時代。武将・鷲津武時と三木義明は謀反を鎮圧し、主君が待つ蜘蛛巣城へと馬を走らせていた。

雷鳴轟く中、「蜘蛛手の森」で道に迷った二人は、不気味な妖婆に出くわす。妖婆は、武時はやがて北の館の主に、そして蜘蛛巣城の城主になる、そして義明は一の砦の大将となり、やがて子が蜘蛛巣城の城主になると告げ、宙に消えた。

二人は一笑に付したが、予言はその後、一つずつ現実のものになっていく―。

出演:三船敏郎 山田五十鈴 志村喬