日本のゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで実写映画化。

かつてポケモンのことが大好きな少年だったティムは、ポケモンに関わる事件の捜査へ向かった父が家に戻らなかった事をきっかけに、ポケモンを遠ざけるようになっていた。

それから年月が経ち、ティムのもとに「父親が事故で亡くなった」という知らせが入る。
複雑な思いを胸に残したまま、荷物を整理するため、父親の部屋へと向かったティムが出会ったのは、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す、名探偵ピカチュウだった。