松尾由美の同名小説を実写映画化したファンタジック・ラブストーリー。

風変わりなマンションに引っ越してきた志織は、一年後の未来から話しかけているという声の主から、危険が迫っていると告げられる。
謎めいた指示に半信半疑ながらも従うと、危ういところで強盗殺人を免れるのだった。隣人の平野はそのことで相談を受け、助かった志織に“タイムパラドクス”が生じることに気づく。このままだと、志織は一年後に消えてしまう運命にあった。それを回避するためには声の主を探す必要があり、平野は志織に協力を申し出る。そして一緒に声の主を探すうち、いつしか志織に心惹かれていく平野だったが…。