冬のラブソングの定番となった中島美嘉の“雪の華“を基に映画化したラブストーリー。

余命1年を宣告されてしまった平井美雪には、両親が出会ったフィンランドの地でオーロラを見ることと、人生で初めての恋をすることという2つの夢があった。
2つの夢を叶えるため、美雪は憧れの綿引悠輔に100万円を支払うことと引き換えに、1カ月限定の恋人になってほしいと持ちける。