池井戸潤の同名企業犯罪小説を、映画化!

中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の「ぐうたら社員」八角民夫は、他の社員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。
そんなある日、パワハラ騒動の発生を皮切りに会社の存在までをも揺るがす事態へと陥っていく。