「週刊少年ジャンプ」で連載され人気を博したラブコメ漫画「ニセコイ」を実写映画化。
極道組織「集英組」組長のひとり息子で、ごく普通の男子高校生の一条楽と、アメリカのギャング組織のひとり娘である転校生の桐崎千棘。そんな2人が、親の組織同士の抗争を止めるため、強制的に恋人のフリをすることになってしまう。