水谷豊がメガホンを取り、およそ40年前から構想を抱き続けてきたという物語を映画化した人間ドラマ。厳しいショービズの世界を舞台に、今では落ちぶれた元花形タップダンサーと将来有望な若手ダンサーたちとの出会いを活写する。